不動産賃貸サービスを向上させる「ハガキ」の力

お客様の声を聞くためのアンケート用紙を見かけたことがある、という方は多いのではないでしょうか?その中で実際に書いたことがある人はどれくらいいるでしょうか?そしてその声が反映されているどうか…気になったことはありませんか?

・シビアに伝わるお客様の声

お客様からの声は企業にとってかけがえのないもののようです。お客様目線でしか分からない貴重な意見は、企業側が想像するだけでは気づけないものもたくさんあるとのことです。一方通行のいわゆる“押し売り”状態になるのではなく、どんな業種においてもユーザーの意見を取り入れサービスを改善していくことは当たり前のこととなっています。
アパマンの社長である大村浩次も、お客様からの声を大切に考えている経営者の一人といわれています。不動産業賃貸業は、長く利用する“家”を提供する業種です。出費もそれなりに必要となるのですから、契約するまでの接客や、手続き、お店の雰囲気に至るまでユーザーとしても妥協できないことは多々あるでしょう。毎日のように利用するわけではない特別な環境だからこそ、アパマンではお客様の気持ちをしっかりと受け止め最善を尽くそうとしているのかもしれません。

APAMANグループ(代表:大村浩次)の事業をチェック

・お客様の声は必要なのか?

そもそもお客様アンケートは、実際にお店を利用する際や、商品を使うことで気になったことをユーザー個人が直接企業に伝えることができる、ダイレクトで手軽なツールだそうです。面と向かってお店のスタッフに伝えるのはなかなかハードルが高いことも考えられるでしょう。気になったことだけでなく、喜びの声を伝えるのもなんだか気恥ずかしいと考えてしまう人には、文章にすることで伝えやすくなるかもしれません。企業側にとってもお客様の声は重要で気になるものだそうです。例えば飲食店なら、自分たちが提供したものが本当においしかったかどうか、気にならないわけがないでしょう。また、売り上げが落ちてきたお店などにとっても、対策を考えるためにとても大切な手掛かりとなるでしょう。企業側としては思いもよらないユーザー層からの反応が、より良いサービスの提供にもつながるかもしれません。

・お客様の声から企業が変わってゆく

もしもクレームばかりが集まったら、誰でも悲しい気持ちになるでしょう。しかし企業としては、もちろんそんなことに一喜一憂していることはできないでしょう。その声こそ自分たちを成長させる大事なヒントかもしれません。大村浩次はお客様の声から会社が変わっていくことが一番いい、と考えているそうで、お客様からのさまざまな要望に応えてきたそうです。そうすることこそが、お客様にとって使いやすいサービスを提供することにつながると信じているからでしょう。そしてその積み重ねが、アパマンというブランドを築き上げているのだと感じているそうです。アパマンはお客様の声を聞くために、店舗でアンケートハガキを渡しています。毎日届く多くの声に耳を傾け、これからも企業努力に努めていくのではないでしょうか?

APAMANグループ代表・大村浩次のプロフィールをチェック

お客様から届く声は、企業のトップにまで届きサービス改善に役立っていることもあるようです。さまざまな媒体で自由に発信ができる現代だからこそ、一人一人のお客様の声を大事にし、企業は成長していくのかもしれません。

賃貸契約もペーパーレスで

不動産の賃貸契約といえば、書面に署名押印することを思い浮かべるのではないでしょうか?しかしIT化が進んだことにより、これまでの契約の仕方が変わりつつあります。不動産業界のIT化を進めてきたアパマンは、不動産賃貸にまつわる書類のペーパーレス化にも乗り出しているようです。それはいったいどのような効果を生み出すのでしょうか?

・スピードとコスト削減

アパマンは2017年7月に不動産賃貸業に関わる膨大な書類のやり取りのペーパーレス化を実現すると発表。不動産業界では賃貸物件を紹介する資料だけでも大量の紙を必要としていたそうです。そのほか契約に関わる書類なども多数あり、さらにそれをFAXなどでやり取りするので使用される紙は膨大な量となっていました。関係書類を電子化することにより、この大量に消費していた紙の削減に大きく貢献することになるようです。賃貸契約の電子化は2015年から実験的に行われていましたが、2017年から本格的に導入されるようになったといわれています。アパマンはドキュサインと連携することで、クラウド上で契約を締結することができるようになりました。アパマンではIT接客も導入しているため近い将来インターネット上で賃貸契約に関わる全ての手続きを行うことができるようになるかもしれません。そうなれば、ユーザーにとっても大きな時間短縮となるでしょう。

・IT化が進む不動産業界

アパマンの社長、大村浩次はITを導入することにより不動産業界をより発展させたいと考えていたことから、様々なシステムを導入し業務の簡略化を行い、フランチャイズ店とのスムーズな提携を築き上げてきたそうです。それでもIT化が遅れているといわれていた不動産業界において、不動産賃貸における電子契約の導入は、大村浩次の考えるようなITによる新しい発展へと導いてくれるかもしれません。情報が錯綜する現代においてスピードと手軽さという面は、とても重視される傾向にあるといわれます。賃貸契約に関わる手続きを電子化することによって簡略化できれば、そのどちらも提供することができるので、時間がなくなかなか店舗に行けないというユーザーにとっても、とても便利に利用することができるようになるでしょう。

・電子署名の浸透

電子署名法が施行されたのは2001年のことでした。しかし印鑑を押して契約を結ぶということに慣れていた日本人にとって、インターネット上での契約書への署名は抵抗を感じていた人も多かったようです。2018年JIPDECが行った調査によると、電子署名を契約に採用している企業は43.1%、これから取り入れようと考えている企業を含めると63.7%にものぼるという結果が出ています。こうした流れの中で、契約をはじめ、その周辺資料に膨大な紙を消費していた不動産業界が電子化を進めることは、時代に寄り添った最善の施策といえるでしょう。大村浩次は常にITの必要性を考えていたようです。もともとITのシステムを提供する会社だったアパマンが、いち早くこうした取り組みを始めたのは必然だったのかもしれません。

契約などにおいて、紙の書類というものは確かに安心感があるかもしれません。しかし、不動産賃貸業などにおいては莫大な量の紙が必要であり、契約などが終われば廃棄されてしまうというのはとてももったいないことといえます。それらを電子化することができれば資源の節約にもなりまた、現代におけるスピードや手軽さといったニーズにも応えることができるようです。

積み上げてきたデータで社会の未来に貢献する…支えているのは初心の志

不動産業界を発展させるためにアパマンの社長である大村浩次はITの技術を取り入れてきました。その技術をフルに生かすために作り上げてきたデータベースは賃貸物件情報だけにとどまらず、さまざまなサービスに役立っているようです。

・より確かな情報を

賃貸物件を探そうと思えば、個人で簡単にインターネットを使って調べることができます。地元の不動産屋が持っている情報を、足を使って得る必要もなく、どこにいても必要な情報を調べられるようになったことで、とても便利になったといえます。これから先、不動産業界はどれだけ多くの、役に立つ情報を提供していけるかが課題となるのかもしれません。ITシステムを提供する企業として出発したアパマンでは、全国のフランチャイズ加盟店から集まった情報をもとにデータベースを作成し、質の高い多くの情報をユーザーに提供できるようにすることへシフトしてきたようです。それには社長である大村浩次が考える、暮らしやすい社会を作りたいという思いが込められているからかもしれません。

・必要な情報を見つけてくる

アパマンにはこれまで培ってきた膨大な量のデータベースがあります。そのデータベースのおかげで、一人一人のニーズに応える情報を素早く提供できるようになったそうです。これを利用して、賃貸情報だけでなくユーザーの生活に役立つ情報を提供するサービスも行っているようです。また不動産を借りる側だけでなく不動産オーナーに対しても、資産の運用に役立つ情報を提供しているようです。不動産の管理に必要な情報は、常に素早く正確に取り入れておく必要があります。細かな法律の改変などがあった場合、知らないままでは後から問題になってしまうこともあるでしょう。それらを取りまとめ、必要としている人に届けることができれば、オーナーが手間や時間をかけて情報を集める必要がなくとても便利になると考えられます。近年さまざまな分野で運用されつつあるAIと、膨大なデータベースを使って、自動的に相手に必要な情報をピックアップし提供できるような仕組みづくりも考えているようです。

・大村浩次が目指す暮らしやすい社会とは

アパマンでは「アパマン友の会」という借主向けの会員サービスを提供しています。登録すると月額1000円で生活用品が割引で購入できたり、アミューズメントパークや映画館、ホテルや旅館の宿泊費など、特別価格で利用できるといった特典があるようです。登録したデータから、ニーズに合った割引情報を提供してくれるので、とても便利だそうです。生活コストを少しでも下げ、快適に暮らしていけるサービスを提供することは、大村浩次が考える暮らしやすい社会の仕組みづくりの一つといえるのかもしれません。アパマンがネットワークを広げていくなかで、長年かけて作り上げてきたデータベースは、ユーザーや不動産オーナーの生活や管理にコミットするサービスにつながっていったといえるでしょう。

アパマンの経営理念の一つに「先端技術や先端ビジネスモデルを取り入れ、価値あるサービスを社会へ提供します」というものがあります。この理念を掲げた最初の気持ちの通り、少しでも役に立つと思えるサービスがあれば、これからも発信し続けてくれるのではないでしょうか。

地元福岡の活性化に一役買った経営者

言ったことは必ずやり遂げる…それにはよほどの信念と行動力が必要でしょう。2013年に存続の危機が伝えられていたJリーグのアビスパ福岡。その再建に手を差し伸べたのが福岡出身であるアパマンの社長でした。

・チームの再建と世界の強豪チームとのパートナーシップ

アビスパ福岡の経営危機は深刻で、あわやJリーグを退会せざるを得ないというような事態に瀕していたといいます。多くの人が何とか存続させたいと支援を行う中、アパマンホールディングスのグループ企業から、多額の出資があったことで危機を脱し、経営再建へ進むことができたそうです。それは、アパマンの社長である大村浩次が福岡出身であるということや、アパマンの創業が福岡だったといった経緯もあり、福岡の経済界からの勧誘もあって実現したことでした。その間大村浩次はFCバルセロナとのパートナーシップ契約を結ぶなど、周囲が驚くような難易度の高い挑戦をもやりとげたといいます。パートナーシップを結ぶことで、地元で世界のチームとの試合が見られるのではないかと、さまざまな期待を呼んだことでしょう。実際数々の取り組みも実現しているようです。

・チームの再建は地元への恩返し

地域社会への貢献を経営理念にあげているアパマンにとって、培ってきた技術で社会に役立つ仕組みやサービスを提供することは、当たり前のことだったようです。危機に瀕したサッカークラブを救ったのは、周りが考えるほど特別なことではなかったのかもしれません。
地元へ何か恩返しをしたいと考えていたという大村浩次は、ぜひとも支援を行いたいと情熱をもって話していたといいます。支援を受けて再建してきたアビスパ福岡はその後2016年シーズンにはJ1昇格を果たすなど、地元を盛り上げることに貢献しているようです。

・試合観戦も欠かさない

睡眠時間もおかまいなしに、とにかくよく働くと、周囲の人々を驚かせるほどの大村浩次ですが、しかしアビスパ福岡の試合観戦は忘れないといいます。経済支援にとどまらず、チームの応援もし続けたい、という強い思いがあるのでしょう。アウェーの試合では一般の応援席の中で観戦するということからも、チームを大切に気にかけていることがうかがえます。そこからは責任感や几帳面さといった人柄も感じられるでしょう。しかし何より地元に貢献したいという強い思いがあってこそ、そうした行動に移すことができるのかもしれません。アパマンという大グループのかじ取りを長年にわたり行ってきた経営者は、手掛けるすべてのことに全力を注ぎ常に情熱をもってすすめていく熱い人柄のようです。

どんな時代のどんな局面でも、大きな舵取りをしていくことにはそれなりのエネルギーが必要でしょう。地元への強い愛情と貢献したいという情熱で、アビスパ再建への手助けをし、時代の先を行き多くのビジネスでこれからもアパマンは躍進していくのかもしれません。

熱い経営者は何を引き付けるのか

1999年WebやクラウドなどのITテクノロジーを提供する会社として出発したアパマン。現在アパマンは多くの事業を手掛け巨大なアパマングループを形成するまでになりました。そこには信念と共に仲間を牽引してきた社長の姿があったようです。

・時代を見据えて行ってきた事業展開

得意のITを活用して不動産業界の質を向上させたいと考えていたことから、フランチャイズ加盟店を増やしネットワークを広げていきました。より多くの情報をスピード感をもってユーザーに提供できる、有効的なシステムを作り上げていったのです。異なる業種の技術やビジネスモデルを有する企業同士が集まる、コワーキングスペースを展開することでスタートアップ企業などの支援につなげてきました。社会問題となっている少子化対策にも貢献すべく出会いをサポートするマッチングサービスに協力するなど、社会に何か役立ちたいという思いも常に忘れてはいないようです。次の時代はAIなども活用され、さらに生活がIT技術によって便利になることが考えられます。そんな次世代にマッチする技術開発を進めており、今までにないサービスが提供できるよう取り組んでいるようです。

・仕事を支える実直な性格

社長である大村浩次は何事にも一生懸命取り組み、やると決めたら必ずやり抜く性格だといいます。仕事が大好きで、まさに寝る間も惜しんで働いた結果、アパマンを成長させてきたといえます。リーマンショックなどの影響で苦戦した時も、笑顔で変わらぬ働きぶりを見せていたといいます。真面目で人との縁を大切にするという人柄からか、応援したいと思う人も多く、またそれに応えるように仕事に熱心に取り組んできたようです。一年間に300回以上、多い時は600回以上も飛行機に乗り、自らの足を使って縁を広げ積み重ねてきたことは、これからのアパマンの発展にも大きくつながっていくことでしょう。

・営業からたたき上げた経歴

大学卒業後日観建設に勤務していた大村浩次は、類まれな営業成績を上げていたといいます。1991年9月には独立し、圓井研創を立ち上げました。京セラの稲盛和夫が塾長を務める盛和塾に入塾すると、世話役として率先して会員のお世話をしながら人脈を広げていきました。圓井研創時代には現在のフランチャイズネットワークの原型ともいえる方法で、不動産ビジネスを展開させ成功をおさめていたようです。自分の考える不動産事業について地元の不動産業者に説明する時も、情熱をもって、とにかく丁寧に行っていたようです。ともに行うことで、より良いビジネスを行っていけることを、一つ一つ伝え続けることで加盟店を増やしていったとのことです。そこには今も変わらない、自分の足を使った地道な努力が感じられるでしょう。西鉄の天神駅など都市部に、物件検索ができるパソコンを設置したことは、当時としては画期的なことだったようです。大村浩次の時代を先取りするアイデア力が発揮された出来事といえるかもしれません。若いころからとにかく全力で突き進んできた大村浩次。朝の日課に自ら会社周辺の掃除をするなど、真面目な性格は変わらないようです。

「やり遂げる」という強い情熱は、多くの人を巻き込んで巨大なネットワークへと発展させていきました。変わらない熱意と積み上げてきた実績、そしてさまざまなアイデア力が、異業種の人であっても共にビジネスを行ってみたいと思わせる、魅力につながっているのかもしれません。